Enea Fast Path

Enea Fast Pathは、クロス・プラットフォームのユーザー・スペースTCP/IPスタックです。高拡張性、高スループット、低レイテンシを求めるIP通信アプリケーションにおいて、ネットワークのパフォーマンスを劇的に加速します。特にターミネーションやフォワーディングのユース・ケースでは、Enea Fast Pathは非常に良好なパフォーマンスを実現しています。

最高のパフォーマンス

Enea Fast Pathでは、Linuxカーネル・スタックやオープンソースのOFP(OpenFastPath)に比べて、パフォーマンスが大幅に向上します。

ロックインの影響なし

OFPとの後方互換性によりロックインの影響を排除し、複数のハードウェア・アーキテクチャやパケット・アクセラレーション・フレームワークに対応しています。

リニアな拡張性

コア数の増加に対応するリニアなパフォーマンス拡張性を備えるEnea Fast Pathは、マルチコア・デバイスのパワーを最大限引き出します。

DPDK向けに最適化

Enea Fast PathはDPDK向けに最適化されているため、DPDKを使用する場合にはレイテンシがさらに低減し、スループットも一段と向上します。

パフォーマンス比較レポート

このベンチマーク・レポートは、Enea Fast Pathと他の2種類の類似技術のパフォーマンスをスループットで比較したものです。パフォーマンス・ベンチマークについては、UDPフォワーディングを行うEvolved Packet Coreのユース・ケースを用いて、Eneaとお客様企業が共同で実施しました。

レポートのダウンロード

主な特長

Enea Fast Pathは、高速データ・プレーンの構築に必要な機能とツールを完備しています。OpenFastPathプロジェクトのソース・コードをベースにしながら、パフォーマンス向上のための最適化、構成、パッチを追加しています。可能な限り最高のパフォーマンスと信頼性を提供するために、当社で構築、テスト、検証済みなのですぐに導入できるソリューションとして提供されます。

 

EneaFastPath Block Diagram

最適化済みTCP/IPスタック

  • ターミネーションやフォワーディングのユース・ケース向けに最適化されたモジュール・ライブラリ
  • ユーザー・スペース、ゲスト・システムまたはホスト・システムでネイティブ実行
  • TAPインターフェースとNetlinkを通じてLinux IPスタックと統合
  • OSのバージョンに非依存

 

パフォーマンスの最適化

  • マルチコア・デバイスでのリニアな拡張性
  • DPDK向けに最適化
  • ハードウェア・アクセラレーションの活用
  • ジャンボ・フレームのサポート
  • 高度に最適化され拡張性のある内部データ構造

 

互換性

  • DPDK、ODPの両方に対応
  • ハードウェア・ベンダーに依存せず、Intel x86、ARMの両方をサポート
  • OpenFastPathへの後方互換性あり

 

プロトコルのサポート

  • L4:UDP、TCP、ICMP
  • L3:IPv4/IPv6フォワーディングおよびルーティング、ARP、NDP、フラグメンテーション、VRF、IGMP、マルチキャスト
  • L2:Ethernet、VLAN、GRE、VXLANトンネリング

 

マネージメント

  • パケット統計情報および構成デバッグ
  • VRFのサポートによるルートとインターフェースの管理
  • アプリケーションAPI:構成、パケット処理、ログなど
  • ソケットAPI:最適化されたゼロ・コピー・ソケット、BSDスタイルのソケット・インターフェース

サポートおよびメンテナンス

万全のサポートおよびメンテナンス契約により、セキュリティの脅威や予期しない問題からお客様を保護します。当社エンジニアが小さな問題から大きな課題まで柔軟に対応します。

  • 商用技術サポートおよびメンテナンス
  • 長期製品ライフサイクルのお客様へは、長期にわたるサポートを提供
  • お客様独自のブランチや調整にも対応

インテグレーション・サービス

パフォーマンスを最大限に高めるためにファスト・パスIPスタックを統合、構成、調整するには、豊富な経験、知識、そして長い時間が必要です。Eneaは、開発プロジェクトの加速化やお客様の負担軽減を目的とするさまざまな統合サービスを通じて、高度な技術的スキルを持つエンジニアが一丸となって対応します。

  • 固有のハードウェア/ソフトウェア・システム上での統合。既存のプロプラエタリなデータ・プレーンAPIの置き換え、ODPやDPDKを使用したパケット処理パーティションの作成、カスタマイズしたアプリケーションAPIとコントロール・プレーンによる通信、特殊なハードウェア構成に対応するためのカスタマイズなど。
  • ハードウェアのポーティング/最適化サービス。ハードウェア・ベンダーによる実装のテスト/検証、特定ハードウェア(オプションでベンダー固有のSDK、API、ハードウェア・アクセラレータの実装を含む)の最適化。
  • 機能開発サービス。カスタムな機能やプロトコルの事前テスト、規格化、実装。
  • 本番環境テスト、メンテナンス、サポートの各種サービス。特定機能の検証、リリース・マネジメント、メンテナンス、パックポート。