Enea NFV Core

Enea NFV Coreは、OPNFVとOpenStackに基づいたキャリアー・グレードの仮想ソフトウェア・プラットフォームです。コスト効率の高い汎用ハードウェア・プラットフォームを利用することで、セントラルオフィスやデータセンターのvCPE(仮想顧客構内設置装置)やエッジ・コンピューティングのデプロイとマネージメントを支援します。

vCPE専用に最適化

Enea NFV Coreは、vCPEのユース・ケースとセントラルオフィスのデプロイに合わせて高度に最適化されているため、次世代型テレコム・ネットワークが求める高パフォーマンス性、信頼性、柔軟性を提供します。

追加設定なしで導入

Enea NFV Coreは、商用エンタープライズ・ネットワークにすぐにデプロイできる状態で出荷されます。テレコム業界が必要とする高パフォーマンス性、信頼性、機能性を発揮できるように、当社において設定、統合、最適化、調整、商用試験を行っているため、ターンキー・ソリューション・プラットフォームとしてそのまますぐに導入できます。商用環境にすぐに導入できるため、オープンソースのコミュニティから直接導入する場合に比べて、リスクの軽減、開発時間の短縮、機能の拡充、パフォーマンスの向上といったメリットが得られます。

Deployment ready

Enea NFV Core is ready for deployment in commercially operated networks. It is already configured, integrated, optimized, enhanced, and validated to offer a turnkey solution platform with the performance, reliability and functionality required for telecom. Its commercial readiness reduces risk, shortens time-to-market, and provides enhanced capabilities and performance, compared to what is available directly from the open source community.

データシート

Enea NFV Coreの特長や機能、エッジ・コンピューティング用途に合わせた最適化の追加サービスの概要については、データシートをご参照ください。

PDFのダウンロードはこちら

 

ライブ・デモ

Enea NFV Coreがお客様のプロジェクトに役立つ仕組みを紹介するライブ・デモを開催しております。ぜひご参加ください。

ご登録はこちら

優れたパフォーマンス

仮想ネットワーク向けに高パフォーマンスを発揮するように最適化することにより、低レイテンシ、高スループット、低オーバーヘッドを実現します。高密度コンピューティングに対応しています。Enea NFV Coreは、機能がアプリケーション固有のハードウェアから標準ハードウェアのソフトウェアに移行する際にパフォーマンス性を維持し、ソフトウェアとハードウェアの分離を可能にします

相互運用性の確保

相互運用性を確保するには、ソフトウェアとハードウェアを明確に分離する標準化されたインターフェースが必要です。Enea NFV Coreは、ETSI NFV、OPNFVなどの幅広く利用されているオープン・スタンダードに準拠する一方で、特定ハードウェアへの依存性が一切ありません。Eneaでは、ポータビリティを最大限確保するために、マルチベンダー対応/マルチアーキテクチャ対応型のソフトウェア・プラットフォームというアプローチを採用しています。

統合機能

統合作業をほとんど(または全く)必要とせずに、NFVコンポーネントとのマッチングを行うには、オープン・スタンダードであることが不可欠です。Enea NFV Coreは、OPNFVとOpenStackをベースとしており、業界基準であるETSIのNFV仕様に準拠しています。ETSI仕様はテレコム業界向けNFVのデファクト・スタンダードとなっているため、標準的なハードウェア、VNF、サードパーティ製のNFVソフトウェアとシームレスに統合できます。また、Eneaでは、業界標準とオペレータの運用環境のギャップに対応するために、グローバルで大規模なサービス部門を設けています。

高可用性の確保と高い復帰力

Enea NFV Coreは、テレコム業界に向けとして、ミッション・クリティカルな高い可用性と信頼性を確保した設計となっています。業界トップクラスの高可用性を提供するだけでなく、ブート速度の最適化により、障害発生後のネットワーク・ファンクションの再構築時間を最小限に抑えることで、速やかな復帰力も実現しています。

特定ハードウェアへの依存性を排除

Enea NFV Coreは、特定ベンダーに依存しないため、ハードウェアとソフトウェアを完全に分離することができます。コスト効率の高いARMベース、x86ベースの両方のCOTSハードウェアに追加設定不要ですぐに導入でき、さまざまなユース・ケースに対応する拡張性と適応性を提供します。

製品概要

Enea NFV Coreの製品概要では、追加機能、メリット、サービスについて詳しく説明しています。ダウンロードしてご確認ください。

PDFのダウンロードはこちら

エッジ・コンピューティングのためのNFV

この動画では、2台のより効率的なCPEデバイスの間で、ネットワーク内のノードに負荷をかけることなく、データ・ストリーミングを実現する仕組みについて解説します。

OPNFVとOpenStackに基づく商用NFVプラットフォーム

オープン性

Enea NFV Coreは、OPNFVとOpenStackをベースとしており、業界基準であるETSI(European Telecommunications Standards Institute)仕様に準拠しています。OPNFVは、テレコム業界におけるNFVの業界標準オープンソース・プラットフォームです。

キャリアー・グレード

既存の機器をも上回るキャリアー・グレードの信頼性とパフォーマンスを提供し、NFVへのシームレスな移行をサポートします。

特定ベンダーに依存しない独立性

Enea NFV Coreは、ARMベース、x86ベースの両方のCOTSサーバー上ですぐに実行でき、拡張性と適応性に優れています。オープン・スタンダードに準拠しているため、特定ベンダーのハードウェア、VNF(Virtual Network Function)、MANO(Management and Orchestration)に依存しません。