仮想プラットフォーム

ENEA NFV ACCESS 

Enea NFV Access は、顧客構内のホワイトボックス uCPE 上にデプロイするために設計された NFVI プラットフォームです。一般的な vCPE と SD-WAN のユース・ケース向けに最適化されています。OpenStack を用いないため、最小のフットプリントで最大限のスループットとパフォーマンスを発揮します。 ローコスト・デバイスからハイエンド Intel Xeon デバイスにまで拡張できます。

 

データシート 評価する

将来も継続して利用可能な SD-WAN:オープンでコスト効率の高い uCPE 上での構築

この SDXCentral 社によるウェビナーでは、uCPE をベースとするオープンでフレキシブルな SD-WAN の構築手順について説明します。

ウェビナーを観る

フレキシブルでコスト効率に優れた uCPE プラットフォームを構築する 3 つのステップ

SD-WAN のソリューション合戦が白熱する中、サービス・プロバイダは、uCPE ソリューションをベースとする SD-WAN ソリューションに注目しています。サービス・プロバイダが uCPE に注目する理由は何でしょうか?

ブログ記事を読む

uCPE と SD-WAN 双方にとってのメリット

柔軟性と拡張性に優れたプラットフォームがホワイトボックスをオープンな uCPE に変える

優れたコスト効率

uCPE 向けに設計された仮想化プラットフォームがコストと複雑性を軽減し、コスト・センシティブなアプリケーションや大規模デプロイメントを実現可能にします。

ゼロ・ロックイン

オープンなインターフェースとオープンなプロトコルを使用することで、特定ベンダーに依存しないソフトウェア・プラットフォームを実現しました。

柔軟性

特定のホワイトボックスやVNF、またオーケストレーターに依存しないソリューションです。この非依存性と卓越した拡張性が、お客様が理想とするベスト・オブ・ブリードのソリューションを実現します。

オートメーション

Enea NFV Access のセキュアな ZTP(Zero-Touch Provisioning)と Ansible / Pythonオートメーションが、人的エラーの温床となる煩雑な手作業での管理を不要にします。

拡張性

Enea NFV Access は、2 コア/2GB RAM デバイスからハイエンド・サーバーまで拡張可能です。ユースケースごとにプラットフォームを用意する必要がありません。

効率的な管理

Enea NFV Access は、すべてNETCONF経由で管理を行います。そのため、OpenStack など大きなフットプリントを伴う複雑なデータセンターソリューションは不要です。

Enea NFV Access と Enea uCPE Manager のデモ

Advantech社 の FWA-011 および FWA-3050 ホワイトボックスにデプロイされた uCPE 仮想プラットフォームが Fortinet社 の SD-WAN VNF と連係して動作する様子をご覧いただけます。

SD-WAN を uCPE 上に デプロイする場合の 3 つの重要な検討要素

エニアのKarl Morner (プロダクトマネージメント担当バイスプレジデント) がホワイトボックス uCPE に SD-WAN をデプロイする際の 3 つのポイントについて解説します。

その他の関連資料

e-Brief

Download icon

CPE 上での優れた SD-WAN の構築 (SDXCentral による資料)

PDF を読む

サービス・プロバイダのブループリント

Download icon

ティア 1 サービス・プロバイダのブループリント:実践的で高コスト効率の uCPE を実装する

PDF を読む

アプリケーション・ノート

Download icon

uCPE の拡張性を確保する設計:OpenStack を使用しない NETCONF ベースの管理

PDF を読む

Enea NFV パートナーのエコシステム

パートナー・ネットワークによる Enea プラットフォームの拡張と強化を可能にするために、Enea はオープンなアーキテクチャを提供しています。Enea は、パートナーと協力しながら可能性を広げ、さらに前進します。Enea は、有力なハードウェア/ソフトウェア・ベンダーとの連携により、ベスト・オブ・ブリードのコンポーネントをベースとする実証済みのソリューションをお客様に提供しています。

Enea のパートナーを見る