5G データ・マネジメント

Enea の 5G Data Managementは、オペレータに一元的なデータビューを提供するとともに、すべてのネットワーク/ビジネス・オペレーション向けアプリケーションがオープンな API を通じてデータをセキュアに保存、管理、アクセスできるようにします。Enea の 5G Data Management スイートには、ネットワーク・データ・レイヤ、ユーザー・プレーン、コントロール・プレーンにまたがる一元的なデータマネージメント機能が搭載されています。5GC機能として、UDM (Unified Data Management)、UDR (Unified Data Repository)、AUSF (Authentications Server Function)、PCF (Policy Control Function)、EIR (Equipment Identity Register) が含まれます

「クラウド・ネイティブなデータ・マネージメント環境は、高度に自動化されたオープンアーキテクチャをもつ5G ネットワークにとって、不可欠な要素です」

Gorkem Yigit 氏 (Analysys Mason 社シニア・アナリスト)

製品およびソリューション

ユニファイド・データ・マネジメント

Enea の Unified Data Manager は、5G ネットワークのすべてのサブスクライバーとデバイスのデータを処理するだけでなく、従来の4G HSS との連係シナリオのすべてをサポートします。

詳細を読む

ユニファイド・データ・リポジトリ

Enea の Stratum Cloud Data Layer は、システム・データのすべてのサイロを単一のネットワーク・データ・レイヤに集約することにより、特定ベンダーへの依存性に関わる諸問題から解き放されます。

詳細を読む