Enea、リモートワーク急増に伴うオペレータの負荷軽減のため、Voice over Wi-Fi の無制限ソフトウェア・ライセンスを提供

 

 2020 3 31 日、スウェーデン・ストックホルムにて–  革新的なテレコムおよびサイバーセキュリティ向けソフトウェア/コンポーネントのグローバル・サプライヤである Enea® (NASDAQ Stockholm: ENEA) は、今後 3 ヵ月間、同社の Voice over Wi-Fi (VoWiFi) ソリューションの無制限ソフトウェア・ライセンスを提供することになりました。新型コロナウイルスのパンデミックにより在宅勤務者が増加する中、この無制限ソフトウェア・ライセンスにより、ネットワーク・オペレータは音声通話の品質を確保できるようになります。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界の多くの国々では政府によりロックダウンが実施された結果、音声通信への需要が急激に増加しています。これによってモバイル・ネットワークに過大な負荷がかかり、リモートワークをする人々へのサービスの混雑や品質低下が生じています。

Enea の Voice over Wi-Fi ソリューションを利用すれば、ユーザーは新しい機器を設置したり、スマートフォンをアップグレードする必要なく、Wi-Fi 経由で通話の発着信ができます。モバイル・ネットワークが混雑している場合でも、既存の Wi-Fi 接続を利用してトラフィックをインターネットに流すことにより、通話やテキスト・メッセージングを継続して行うことができます。

Enea が無制限ソフトウェア・ラインセンスを提供するのには、2 つの目的があります。 リモートワークする人々が効率的に仕事を続けられるような環境を確保すること、そしてオペレータがモバイル・ネットワークへの高負荷を緩和することです。

Enea のポリシーおよびアクセス・コントロール担当シニア・バイスプレジデント Roland Steiner は次のように述べています。「我々は、在宅勤務を余儀なくされている数百万の人々に高品質の音声接続を提供することができます。Enea Voice over Wi-Fi ソリューションの無制限ソフトウェア・ライセンスを提供することにより、リモートワーカーの皆様が日々の仕事について議論できる環境を整える一方で、ネットワーク・オペレータの負荷軽減に役立つことを願っております。」

創業から 50 年にわたり、通信ソフトウェアは Enea のコア・ビジネスとなっています。今日、Enea のテクノロジーは、携帯電話を利用し、インターネットに接続する世界中の 30 億以上の人々の生活を支えています。Enea の VoWiFi 向けソフトウェアは、世界中で幅広く採用されており、3GPP 仕様に準拠しています。

 

リンク

Enea Access Manager および VoWiFi のサポートの詳細について:https://www.enea.com/products/access-management-and-policy-control/enea-access-manager/

 

広報のお問い合わせ先

Erik Larsson

Enea マーケティング&コミュニケーション担当シニア・バイスプレジデント
電話: +46 8 507 140 00

メールアドレス: erik.larsson@enea.com

 

Enea について

Enea は、テレコムおよびサイバーセキュリティ向けの革新的なソフトウェア・コンポーネントを提供する世界的なリーディング・サプライヤです。モバイル・コア、ネットワーク仮想化、トラフィック・インテリジェンス向けのクラウド・ネイティブな 5G 対応製品を主力としています。Enea のテクノロジーは、世界中の 30 億以上の人々の生活を支えています。Enea は Nasdaq Stockholm に上場しています。詳細については、www.enea.com をご覧ください。

Enea®Qosmos® および Qosmos ixEngine® は、Enea AB およびその子会社の登録商標です。Qosmos® Probe は、Enea AB またはその子会社の商標です。その他、記載されている会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。All rights reserved.© Enea AB 2020.