「Enea NFV Access」を搭載した Lanner の uCPE プラットフォーム、Verizon Wireless Network の認証を獲得

 

Lanner と Enea による 4G LTE 対応統合 uCPE ソリューションは、Verizon の Open Device Initiative 認証により短時間でデプロイ可能

Whitebox Solutions™ の主要プロバイダである Lanner Electronics とテレコムおよびサイバーセキュリティ向けの革新的なソフトウェア/コンポーネントのサプライヤである Enea は本日、Enea の uCPE (ユニバーサル顧客構内設備) 向け仮想化ソフトウェア「Enea NFV Access」を搭載した Lanner のプラットフォーム「NCA-1515/L-1515」が Verizon Wireless Network の認証を獲得したことを発表しました。

Verizon の ODI (Open Development Device Initiative) 認証済み製品は、Verizon Wireless のネットワークにシームレスに接続できます。通信サービス・プロバイダやエンタープライズはオープンな分散型 uCPE と LTE/5G インターフェース対応 VNF (バーチャル・ネットワーク・ファンクション) をデプロイしているため、ODI 認証済みのプラットフォームを導入することで、uCPE と SD-WAN のユース・ケースを短期間でデプロイでき、すぐに収益機会につなげることができます。

Lanner -  Enea による統合 uCPE ソリューションの認証は、汎用 x86 プラットフォーム「NCA-1515/L-1515」のベースライン認証に準拠しています。Lanner と Enea は、Verizon Wireless の協力の下、ODI 認証の効果を最大限高めるために NCA-1515/L- 1515 用仮想化/マネージメント・ソフトウェアとして Enea NFV Access を認証し、ファイヤーウォールや SD-WAN を初めとする VNF (バーチャル・ネットワーク・ファンクション) 向けの包括的な認証済み uCPE プラットフォームを実現しました。

このプラットフォームは LTE 認証済みの統合ソリューションであり、モバイル性とフェールオーバーを兼ね備えた強力なトランスポート・リンクを確保できます。シングル・キャリヤーとデュアル・キャリヤーのデプロイメント・オプションを備えた uCPE デプロイメントにおいては、他のネットワーク・インターフェースの可用性が限定的である場合に、バックアップとしてまたはプライマリー・パスとしてのサービスを提供することが求められるため、LTE 接続が必須要件となりつつあります。Smart SD-WAN は、インテリジェントなトラフィック・ステアリングにより、利用可能なトランスポート・リンクのうち最適なリンクへと誘導し、MPLS を使用することなく、ビジネス・アプリケーションで一貫したパフォーマンスと可用性を実現します。uCPE デプロイメント向け LTE パスをオプションとして設けることで、プライマリ・トランスポート・リンクでパケット損失、遅延、障害が発生した場合のフェールオーバー・リンクを確保します。4G LTE モジュールのほとんどは、 2 個以上の SIM スロットを備えているため、複数のモバイル・ネットワークへの接続が可能です。

Lanner Electronics の CTO (最高技術責任者) Sven Freudenfeld 氏は、次のように述べています。「Enea - Lanner の統合ソリューションが Verizon の ODI 認証を獲得したことは、サービス・プロバイダやエンタープライズが (このソリューションを導入することで) Verizon Wireless ネットワークの利用をすぐに開始し、デバイスにサービスを提供できることを意味します。また、追加のコストや時間をかけずに、このアプリケーションを代替パスとしてだけでなく、プライマリ・ネットワーキング・パスとしても機能させることも可能です。」

Enea の Enterprise Business Unit 担当シニア・バイスプレジデント Jean-Philippe Lion は、次のように語っています。「このたびの認証により、システム・インテグレータやエンタープライズは、デプロイメントが容易になり、短期間で Verizon Wireless Network が利用可能になるというメリットを得られます。また、このことは、エンタープライズ・ネットワーキングのメインストリーム・プラットフォームとしての uCPE の重要性が高まっていることが改めて確認されたという意味合いもあります。」

Lanner Electronics について

Lanner Electronics Inc (TAIEX 6245) は、システム・インテグレータ、サービス・プロバイダ、アプリケーション開発者向けに、高度でカスタマイズ可能なSDN/NFV ネットワーク・コンピューティング・アプライアンスの設計・エンジニアリング・製造サービスを提供する世界有数のプロバイダです。Lanner は、SD-WAN、SD-Security用途、vCPE ゲートウェイに加え、マルチプロセッサ、ネットワークI/O ブレード、高可用性機能を備えた NEBS 準拠プラットフォームや NFVi 対応プラットフォームなど、様々なネットワーク・アプライアンスを手がけています。Verizon から認証を受けた統合 uCPE ソリューションは、Lanner の 「Whitebox Solutions™ NCA-1515/ L-1515」と Enea の仮想化/マネージメント・ソフトウェア「NFV Access」をベースとしています。Intel 製 Atom C3000 CPU のパワーを活用し、NFV Access のオーケストレーションでのコンピューティング・リソースとメモリ・リソースの消費を抑えることで、VNF (バーチャル・ネットワーク・ファンクション) のホスティングを可能にしています。www.lannerinc.com

Enea について

Enea は、テレコムおよびサイバーセキュリティ向けに革新的なソフトウェアを提供する世界的リーディング・サプライヤです。データ・マネージメント、モバイル動画トラフィックの最適化、エッジの仮想化、トラフィック・インテリジェンスのためのクラウド・ネイティブな 5G 対応製品を主力としています。Enea のテクノロジーは、世界中の 30 億以上の人々の生活を支えています。Enea は、スウェーデン・ストックホルムに本拠を置き、 Nasdaq Stockholm に上場しています。

詳細情報