Enea、uCPE でのセキュア SD-WAN 採用の加速化を目的とした Fortinet との業務提携を発表

 

Enea NFV Access とセキュアSD-WAN用の FortiGate NG Firewall の統合により、柔軟かつコスト効率に優れたソリューションを実現

 

2019年4月8日、スウェーデン・ストックホルムにて – ネットワーク・ソフトウェア・プラットフォームおよびワールドクラスの技術サービスを提供する Enea® (NASDAQ Stockholm: ENEA) は本日、ホワイトボックス uCPE (ユニバーサル顧客構内設備) 向けセキュア SD-WAN をベースとするサイバー・セキュリティのグローバル・サプライヤー Fortinet と業務提携を締結したことを発表しました。このパートナーシップは、Enea NFV Access とセキュアSD-WAN用の FortiGate Next Generation Firewall の統合により、柔軟かつコスト効率に優れたソリューションを実現することを目的としています。このジョイント・ソリューションは、価格に敏感なエントリー・レベルからハイ・パフォーマンスのデバイスまで、あらゆるホワイトボックスに対応するものです。既に検証を終え、商用デプロイメントの提供が開始されています。

 

接続をベースとする従来型のアプライアンスから、uCPE 上の仮想ネットワーク・ファンクションに移行することにより、柔軟性が高まり、OPEX とCAPEX を削減できます。顧客構内で汎用性が高く柔軟なプラットフォームが実現されるため、通信サービス・プロバイダ (CSP) は、マネージド SD-WAN の新たな付加価値サービスをエンタープライズ向け製品に追加できます。さまざまなユース・ケースやパフォーマンス要件に対応するサービスを提供するには、拡張可能なプラットフォームを通じて柔軟性を確保ことが不可欠です。

 

Fortinet でプロダクト・マーケティング部門担当シニア・ディレクタを務める Vinod Sundarraj 氏は、次のように述べています。「FortiGate を Enea NFV Access に統合することにより、CSPは、ホワイトボックスuCPE上でネットワーク・ファンクションを仮想化することにより、コストを削減するだけでなく、世界クラスのサイバーセキュリティ・ソリューションを利用することもできるようになります。また、拡張性の高いジョイント・ソリューションが実現することで、エンタープライズSD- WAN導入のコスト面でのハードルが大幅に下がることになります。」

 

Enea の OS ビジネス・ユニット担当シニア・バイスプレジデントである Adrian Leufvén は、次のように述べています。「Fortinetは、ネットワーク・セキュリティ業界のリーダーであり、急速に拡大している uCPE 市場に向けてセキュアな SD-WAN ソリューションを提供するのに最もふさわしい立場にあります。私たちは、この重要なパートナーショップを喜ばしく思うとともに、この共同提供をベースとするセキュアで柔軟なソリューションを提供することを楽しみにしております。」

Enea NFV Access は、ユニークな拡張性を持つ NFVI ソフトウェア・プラットフォームです。2コアと2 GB の RAM だけで FortiGate のセキュアな SD-WAN をホワイトボックス uCPE 上で実行できるだけでなく、マネジメント機能とオートメーション機能をフルに発揮する能力も備えています。Enea NFV Access は、OpenStack などのデータセンター・ソフトウェアをベースとせず、エッジ・アプリケーション向けに設計されたものです。NETCONF を使用してマネジメント・インターフェースを提供します。あらゆるホワイトボックス uCPE で動作し、REST API を通じてオーケストレーター・ソリューションと統合します。

 

Enea は、この業務提携とジョイント・ソリューションをプロモーションするために、Fortinet のグローバル・パートナーおよびユーザー向けの年次カンファレンス『Accelerate 19』にスポンサーとして協賛します。『Accelerate 19』は、2019年4月8日~11日に米国フロリダ州オーランドの Disney World Swan and Dolphin Resort で開催されます。Fortinet のカンファレンスは、顧客とパートナーが一堂に会し、業界のトップリーダーや技術専門家から知識を学び、コラボレーションを図る場となっています。タイムリーなキーノート・セッション、ハンズオン・ラボ、ブレイクアウト・セッションを通じて、セキュリティ向上に向けた新たな取り組みや手法を知る貴重な機会です。

 

Enea NFV Access の詳細については、https://www.enea.com/products/nfv-virtualization-platforms/enea-nfv-access/ をご覧ください。

広報担当       Erik Larsson (Eneaマーケティング担当シニア・バイスプレジデント)
電話: +33 1 70 81 1900       メールアドレス:erik.larsson@enea.com

 

Eneaについて

Eneaは、インターネットでつながる社会を支えるソフトウェア基盤を開発しています。Eneaは、モバイル・トラフィックの最適化、サービス利用者データ管理、ネットワーク・バーチャライゼーション、トラフィック・クラシフィケーションなどの各種ソリューション、組込みオペレーティング・システム、プロフェッショナル・サービスを提供しています。様々なソリューション・ベンダー、システム・インテグレータ、サービス・プロバイダがEneaを活用し、世界をリードする新たなネットワーキング製品・サービスを創出しています。Eneaのテクノロジーは、世界中の30億以上の人々に日々利用されています。Eneaは、Nasdaq Stockholmに上場しています。詳細については、www.enea.comをご参照ください。

Enea®、Enea OSE®、Netbricks®、Polyhedra®、Zealcore®、Enea® Element、Enea® Optima、Enea® LINX、Enea® Accelerator、Enea® dSPEED Platform、およびCOSNOS®は、Enea ABおよびその子会社の登録商標です。Enea OSE®ck、Enea OSE® Epsilon、Enea® Optima Log Analyzer、Enea® Black Box Recorder、Polyhedra® Lite、Enea® System Manager、Enea® ElementCenter NMS、Enea® On-device Management、およびEmbedded for LeadersTMは、Enea ABまたはその子会社の商標です。その他、記載されている会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。
© Enea AB 2019