Enea Linux 5、CGL準拠ディストリビューション (キャリアー・グレード・リナックス 5.0) として登録

Enea Linuxにより、NFVアプリケーションおよびネットワーク機器の構築を手がけるテレコム機器メーカーは、アプリケーション開発への集中、リスクの軽減、開発期間の短縮が可能に

2016127日、スウェーデン・ストックホルムにて– ネットワーク・ソフトウェア・プラットフォームおよび世界クラスのサービスを提供するグローバル・サプライヤであるEnea® (NASDAQ OMX Nordic:ENEA) は、本日、コミュニティベースのEnea Linuxディストリビューションが新たなフェーズに入ったことを発表しました。このたびEnea Linuxは、CGL 5.0 (キャリアー・グレード・リナックス 5.0) の必須要件に準拠し、CGL準拠Linuxディストリビューションとして正式に登録されました。Enea Linuxは、組込み用ハードウェアデバイスからNFV(ネットワーク・ファンクション・バーチャリゼーション)まで、あらゆる次世代型テレコムノードで求められるスループット、応答性、仮想テクノロジーを提供します。

Eneaの製品管理担当シニア・バイスプレジデントDaniel Forsgrenは、次のように述べています。「Eneaのエコシステムへのコミットメントは、Enea Linuxを業界で最もオープンな商用組込みディストリビューションとして維持し続けていることに体現されています。Eneaは、CGL機能とソフトウェアのアップストリームを間もなく開始する予定です。ハードウェア資本の入らない、数少ない独立系ソフトウェア・ベンダーとして、Eneaは高パフォーマンス・ネットワーク・アプリケーションに重点を置き、ネットワークを中心とした機能の発展を促進してまいります。」

Eneaは、40年以上にわたりミッションクリティカルな組込みソフトウェア・ソリューションを提供してきた実績を踏まえ、リアルタイムの仮想化およびネットワーク機能を中心として、お客様の環境に合わせてカスタマイズしたディストリビューションを提供しています。Enea Linuxに同梱されているオープンソース専用開発ツールは、開発プロセスの全フェーズをサポートすることが検証されています。お客様は、パッケージ化されたサービスをご利用いただくことで、開発および開発の各フェーズから市場投入後のステージまで、製品ライフサイクル全体を通じてEneaをご活用いただけます。

 

詳細については、www.enea.com/linuxをご覧いただくか、下記までお問い合わせください。

Fredrik Medin、マーケティング担当シニア・バイスプレジデント
電話:+46 709 71 40 11 メール: fredrik.medin@enea.com

 

Eneaについて

Eneaは、ネットワーク・ソフトウェア・プラットフォームおよび世界クラスのサービスを提供するグローバル・サプライヤです。インターネットでつながる社会において画期的な機能を開発できるよう、お客様を支援しています。オープンソース・コミュニティの主要な貢献企業として、お客様や主要ハードウェア・ベンダーと連携し、最適なソフトウェア・ソリューションの開発と強化に取り組んでいます。Eneaのテクノロジーは、テレコムから自動車、医療、航空に至る各種分野の様々なアプリケーションに搭載され、世界中の30億以上の人々に日々活用されています。Eneaは、ヨーロッパ、北米、アジアに拠点を置き、NASDAQ OMX Nordic Exchange Stockholm ABに上場しています。Eneaの詳細については、www.enea.comをご覧いただくか、info@enea.comまでお問い合わせください。

Enea®、Enea OSE®、Netbricks®、Polyhedra® および Zealcore® は Enea AB およびその子会社の登録商標です。Enea OSE®ck、Enea OSE® Epsilon、Enea® Element、Enea® Optima、Enea® Optima Log Analyzer、Enea® Black Box Recorder、Enea® LINX、Enea® Accelerator、Polyhedra® Lite、Enea® dSPEED Platform、Enea® System Manager および Embedded for Leaders(TM) は、Enea AB またはその子会社の商標です。その他、記載されている会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。© Enea AB 2015.