Enea、大手通信機器顧客と1,000万スウェーデンクローネの5G向け契約を締結

 

スウェーデン・ストックホルムにて、2018年6月5日 Enea® (Nasdaq Stockholm: ENEA)

  

Eneaは本日、大手通信機器顧客との間で、5G無線ネットワーク向けEnea OSEに関する契約を締結しました。この契約には、5G対応ソフトウェアの使用権に加え、ロイヤルティ・レポートの新たな基準が含まれています。この契約は、オープンソース利用の増加によるロイヤルティ収入の減少傾向に歯止めをかけるものではないものの、第2四半期の業績にプラスの影響を与えることが予想されています。

 

5Gネットワークの導入により、アクセス・システムは、これまで以上の広帯域を処理しつつ、レイテンシの大幅な低下を実現し、膨大な接続密度に対応することが求められています。テレコム・システムにオープンソース・ソフトウェアを導入する流れが続く中で、Enea OSEは、将来の機能拡張やマイグレーションが確保されたソフトウェアプラットフォームを提供し、5Gに求められる低レイテンシと高スループットを実現します。

 

Enea OSEは、世界の無線基地局で最も広く導入されている商用オペレーティング・システムです。力強く優れたパフォーマンスを発揮するリアルタイム・オペレーティング・システムとして、テレコム機器でのユースケースやネットワーキング向けマルチコア・プロセッサ向けに最適化されています。専用ハードウェアにスタンドアロンでデプロイするほか、AMPソリューションでLinuxとの併用や仮想環境のゲスト・オペレーティング・システムとしての利用も可能です。

 

本情報は、欧州連合 (EU) の市場濫用規制 (Market Abuse Regulation) に従い、Enea AB (publ) が公開を義務付けられているものです。本情報は、下記の担当者を通じて、20186513:30(中央ヨーロッパ夏時間)に公開されました。

 

詳細については、www.enea.com/investors をご覧いただくか、または下記までお問い合わせください。

Anders Lidbeck、社長兼最高経営責任者
メールアドレス:anders.lidbeck@enea.com

Julia Steffensen、エグゼクティブ・アシスタント
電話:+46 70 971 03 33

メールアドレス:julia.steffensen@enea.com

 

Eneaについて

Eneaは、インターネットでつながる社会を支えるソフトウェア基盤を開発しています。主に、オープンソース・ベースのNFVIソフトウェア・プラットフォーム、組込みDPIソフトウェア、Linux、リアルタイム・オペレーティング・システム、プロフェッショナル・サービスを提供しています。様々なソリューション・ベンダー、システム・インテグレータ、サービス・プロバイダがEneaを活用し、世界クラスのネットワーキング製品・サービスを創出しています。Eneaのテクノロジーは、世界中の30億以上の人々に日々利用されています。Eneaは、Nasdaq Stockholmに上場しています。

詳細については、次をご参照ください。www.enea.com

 

Enea®、Enea OSE®、Netbricks®、Polyhedra®、Zealcore®、Enea® Element、Enea® Optima、Enea® LINX、Enea® Accelerator、Enea® dSPEED Platform、およびCOSNOS®は、Enea ABおよびその子会社の登録商標です。Enea OSE®ck、Enea OSE® Epsilon、Enea® Optima Log Analyzer、Enea® Black Box Recorder、Polyhedra® Lite、Enea® System Manager、Enea® ElementCenter MS、Enea® On-device Management、Embedded for LeadersTMは、Enea ABまたはその子会社の商標です。その他、記載されている会社名、製品名、およびサービス名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。© Enea AB 2018