コンプリートガイド:SASE へ移行するまえに知っておきたい uCPE Edge

Enea Edge はホワイトボックスuCPE向けに設計された汎用性と拡張性の高い仮想化プラットフォームです。SD-WAN、各種セキュリティ、IoT、5G、ビデオアナリティスなどの一般的なユースケースに最適化されたソリューションです。

OpenStack を用いない設計で、最小のフットプリントで良好なスループットとパフォーマンスを発揮します。Enea Edge はホワイトボックスのメーカーや種類を選びません。2コアのIntel Atom からハイエンドのIntel Xeon まで拡張できます。また搭載するVNF(ネットワーク機能)も選ばないため、市場ニーズにあった自由な組み合わせのVNFでuCPEを構築できます。

Eneaは、顧客ニーズが変化する将来にも利用可能なクラス最高のuCPEプラットフォームを提供しています。Enea Edgeは、サービスプロバイダやシステムインテグレーターのオペレーション負担を軽減するオートメーション機能や、ネットワーク越しでのマネージメント機能を有している、uCPEのためのコンプリート・ソリューションです。Enea Edgeは、あらゆるホワイトボックス上で利用されることを前提に設計されており、特に次の分野での採用が期待されています。

主なユースケース:

  • SD-WAN
  • セキュリティ/SASE/ファイヤーウォール
  • IoT アグリゲーション
  • ビデオ・アナリティクス
  • プライベートLTE/ローカル5G

Key Takeaways ~ 主な論点

  • フレキシブルなエッジuCPEがCSPに提供する利益とは
  • 正しいuCPEプラットフォーム選びが重要な理由とは
  • 将来のビジネス展開のためのuCPEプラットフォームとは
  • 今日、そして将来変化する市場ニーズをもカバーするEnea Edgeとは

ターゲット・カスタマー

  • サービスプロバイダー
  • システムインテグレーター
  • ネットワークオペレーター
  • マネージドネットワークサービス