サービス・プロバイダが将来も継続してネットワーク・サービスを提供するために

Tomas Hedqvist

The uCPE Solutions Catalog Cover
先ごろ、Enea は、uCPE ベースのネットワーク/サイバーセキュリティ・ソリューションのベンダーと製品を記載した『The uCPE Solutions Catalog』を公開しました。

現在第 1 世代 SD-WAN を提供しているサービス・プロバイダが、収益の改善、コストの削減、よりアジャイルなサービスの提供を実現し、将来も継続して顧客にネットワーク・サービスを提供するには、第 2 世代 SD-WAN の提供を開始することが重要です。

第 2 世代 SD-WAN

第 2 世代 SD-WAN 第 2 世代 SD-WAN は、uCPE (ユニバーサル顧客構内設備) をベースとしてオープンな仮想レイヤを提供し、SD-WANとセキュリティをオンプレミスで仮想アプリケーションとして実行します。一方、第 1 世代 SD-WAN ソリューションはアプライアンス・ベースであるため、サービス・プロバイダは、単一ベンダーによる物理アプライアンス(一体型のBOX製品)を設置する必要があります。後からファイヤーウォールなど他の機能が必要になった場合には、別のアプライアンスを追加設置することになります。

uCPE は、第 2 世代 SD-WAN やその他のマルチベンダー・ソリューションの顧客構内におけるベースです。オープン・プラットフォームであるため、顧客ニーズに応じて、最も適したベスト・オブ・ブリードのコンポーネントを選択し、同じCOTS ハードウェア上で様々なネットワーク・ファンクションを統合し、仮想アプリケーションとして実行することができます。

サービス・カタログを作る

企業には様々なニーズがあります。独自のニーズに加え、金融、医療などの業界分野ごとのニーズもあります。サービス・プロバイダとしての地位を強化するには、サービス・カタログを拡充し、多種多様なユースケースに対応する幅広いサービスをあらかじめ設定し、提供することが重要です。

サービス・カタログの内容を個別のアプライアンスをベースとせず、仮想アプリケーションと uCPE で構成することで、差別化を図ることができます。物理アプライアンス(一体型のBOX製品)の場合、複数のベンダーから在庫を準備するだけでも大変です。それに比べて、仮想化サービスは、サービス・チェーン化した仮想アプリケーションとコンフィギュレーションで構成され、通常、完全な自動化と一元管理が可能な Zero-Touch Provisioning を使用して uCPE にデプロイされます。

このような内容のサービス・カタログは、顧客の変わりやすいニーズに容易に適応できます。サービスの拡張や変更を求める企業は、uCPE に新しいサービスをダウンロードして、すぐにインストールできます。オーケストレーターまたはオートメーション・ツールにより、セルフサービス・ポータルを設けることで、顧客向けに新しいサービスをセットアップする手間を軽減できます。

uCPE で新たなアプリケーションとサービスをチェーン化してデプロイすることによって新しいサービスを構築すれば、提供するマネージド・サービスの幅が広がり、新たな収益ストリームを確保できます。現在、オンプレミスでルーターとファイヤーウォールのみを使用している企業は、将来も継続して利用できる高度な SD-WAN ソリューション、アナリティクスやモニタリングをはじめとするエッジ・アプリケーション、さらには vRAN を求めているかもしれません。より多くのサービス、より高度なサービスを提供することは、収益性のさらなる向上につながります。

uCPE などのオンプレミスの設備を管理するサービス・プロバイダは、ニーズの変化に迅速に適応し、新たなサービスを提供できるようになります。そうしたサービス・プロバイダが多様なサービス・セットを提供するには、複数のベンダーが提供する幅広いアプリケーションを取り扱う必要があります。言い換えれば、サービスのベースとなる仮想プラットフォームが、あらかじめ検証済みの製品を数多く取り揃えた幅広いエコシステムを備えていることが必要です。

SD-WAN やファイヤーウォールなどのアプリケーションに関しては、ほとんどのベンダーが仮想バージョンを用意しているため、製品が不足することはなく、ホワイトボックスやオーケストレーションのベンダーについても、幅広い選択肢があります。では、どうすれば uCPE 製品の適切なサプライヤを探し当てることができるでしょうか。これは言うほど簡単ではありません。

業界初の uCPE ソリューション・カタログ

Enea は、業界唯一のピュアプレイ・バーチャライゼーション・ソフトウェア・ベンダーという独自の立場から、検査済み・バリデーション済みのハードウェアおよびソフトウェア・アプリケーションのカタログを提供しています。先ごろ、Enea は、 SD-WAN に適した uCPE ベースのネットワーク/サイバーセキュリティ・ソリューションのベンダーと製品を記載した『The uCPE Solutions Catalog』を公開しました。このカタログは、特にサービス・プロバイダや企業の IT 担当マネージャーに向けて、様々なユースケースとソリューションに対応するベスト・オブ・ブリードの製品を掲載しています。

将来も継続してマネージド・サービスを提供し、企業顧客の満足度を高めるために、この uCPE ソリューション・カタログを是非ご活用ください。

カタログのダウンロードはこちら!