NFV Industry insights, tips and tricks, and product updates

The Enea Blog

SD-WAN を超えて:主要 3 分野でエッジ・プラットフォームとしての利用が進む uCPE

最初のブログ記事では、SD-WAN の進化に伴って uCPE (ユニバーサル顧客構内設備) がどのように進化し、SD-WAN サービスのホストとして台頭してきたかについて説明し、最後に uCPE のエッジ・ワークロード例を紹介しました。本稿では、エッジを早期から導入してきた製造、小売、医療の主要 3 分野におけるエッジ・サービスの活用例をさらに掘り下げて考察します。これらは、我々が世界中のネットワーク・ベンダーやティア 1 サービス・プロバイダとの間でやり取りや業務を行う中で実際に経験してきた事例です。

Why Service Providers Love uCPE

A few years ago, BT made rapid progress on a "virtual CPE" PoC. This work was led by Don Clarke, one of the fathers of NFV. But why was BT so interested in vCPE? In this article published on The Fast Mode, Don gives his view on the drving forces behind the vCPE, the same forces that are today accelerating adoption of uCPE among service providers.

Why it’s Time to Rethink On-Premise Data Storage and Management

Data is growing exponentially. And that was even before the pandemic. In 2019 Seagate and IDC estimated that data in enterprises increased at a 42.2% annual growth rate – and that in 2020 enterprises created and captured 6.4 zettabytes of...

The multi-vendor 5G Core – does disaggregation equal irritation?

How Telenor is proving that multi-vendor 5G core solutions are here to stay For mobile operators, disaggregation, or separation and componentization, sounds like nirvana: a bigger, deeper field of vendors to choose from, innovative new architectures from the IT world...

At the Crossroads of 5G and Wi-Fi 6

The debate whether cellular or Wi-Fi technology would prevail is long gone. With the introduction of 5G and Wi-Fi 6, it is obvious that the two technologies are complementary and will converge.

It’s not too early to lay the foundations for 6G

Is it too early to start talking about 6G? After all, most mobile operators are still building out and fine-tuning their 5G networks. "We just put 5G in," Verizon CTO Kyle Malady said in December 2020, "there's a lot of...

Evolution of uCPE, the universal Customer Premises EDGE?

In this article, Roy Chua, principal analyst at AvidThink, examines how the universal customer premises equipment (uCPE) can be a critical stepping-stone for on-premises enterprise edge computing, bringing additional value to the platform.

次世代型エンタープライズ・サービスのローンチパッドとして有効な uCPE

確かにそのとおりなのですが、我々の提案は、柔軟性とコスト効率に優れたサービス・デリバリ・プラットフォームとして uCPE (ユニバーサル顧客構内設備) をネットワーク・エッジで活用することを前提としており、他とは一線を画すものです。

uCPE:エンタープライズ・サービスの新たな収益源

エンタープライズ市場にサービスを提供する IT サービス企業の場合は、SD-WAN を活用して、新規サービスの導入やサービス改善、アプリケーションの一元管理による運用合理化を進めることにより、市場シェアを拡大し、企業顧客のロイヤルティを確保できるでしょう。

uCPE: Launchpad for the Next Generation Enterprise Services

In this blog post Karl Mörner makes a series of proposals explaining how managed service providers (MSPs) could grow their businesses by offering add-ons to basic networking services. The key to success for MSPs requires leveraging universal customer premises equipment (uCPE) as a highly flexible and cost-effective service delivery platform at the edge. (Published on LinkedIn Pulse.)

uCPE: A New Money-Maker for Enterprise Services

To successfully apply higher margins, service providers need to bring a more substantial differentiation to their offerings, with new connected edge services for IoT, analytics, and private mobile networks, running on top of networking services like SD-WAN. uCPE is the perfect launchpad for all those services. (Published on The Fast Mode)

How to Get a Head Start with Secure SD-WAN on uCPE

This article presents an approach for a secure SD-WAN solution using white-box uCPE and open-source applications.

SASE 市場、2025 年までに 500% 以上成長する可能性

クラウドおよび IoT の成長市場に特化した調査会社 650 Group の最新レポートでは、SASE (Secure Access Service Edge) 市場が 2025 年までに 5 倍の成長を遂げ、売上高 110 億ドルに達すると予想されています。高成長市場の牽引役となるトップ 5 企業として、Zscaler、Hewlett Packard Enterprise (HPE)、Cisco、Fortinet、Versa Networks が挙げられています。

効果的な SASE の実現に向けて

このブログでは、こうした疑問に答えると共に、実際の SASE とはどういうものか、SASE への移行を促す要素は何か、ベンダーが今後取り組むべきことは何か、SASE を効果的に機能させ、そのメリットを十分に発揮させるために不可欠な要素とは何かについても説明していきます。

2021: The Year of uCPE?

Will 2021 be the year when the benefits of uCPE makes it the standard platform for any SD-WAN or SASE deployment? In this article, Tomas Hedqvist makes three predictions on where uCPE is going in 2021.

Why is Verizon Wireless Interested in uCPE?

A uCPE solution with Enea NFV Access and Lanner's L-1515 white box has recently been certified for use in Verizon Wireless' network. How come Verizon Wireless take an interest in uCPE? This blog post also explains how the certification helps system integrators and service providers set up SD-WAN and SASE services.

5G SA: The Network we all Deserve!

There has never been a better time than now for network operators to fast-track their investments in 5G

Is Your SD-WAN Future-Proof?  If Not, Why Not?

The hybrid workplace is here to stay, and with it will push to the adoption of SD-WAN and security even further. Do you know how to future-proof your network?

Study: Communication Service Providers Going for uCPE Will Be Winners

Communication service providers who want to grow their managed services sales need to take a closer look at uCPE. This is the conclusion in a recent study by Heavy Reading.

Extraordinary Circumstances Bring New Meaning to 5G

Harold Labruyère, Vice President of Engineering and Innovation at the Qosmos Division of Enea, shares his view on the significance to continue the work with 5G in the midst of the coranvirus pandemic

サービス・プロバイダが将来も継続してネットワーク・サービスを提供するために

現在第 1 世代 SD-WAN を提供しているサービス・プロバイダが、収益の改善、コストの削減、よりアジャイルなサービスの提供を実現し、将来も継続して顧客にネットワーク・サービスを提供するには、第 2 世代 SD-WAN の提供を開始することが重要です。

システム・インテグレータのビジネス機会を最大化する uCPE ベースの SD-WAN

システム・インテグレータやマネージド・サービス・プロバイダは、企業顧客に提供するネットワークサービスを業界標準の uCPE ベースで実装することにより、その柔軟性を最大限まで高めることができます。

Enea’s Commitment during the Coronavirus Crisis

The Coronavirus situation continues to develop rapidly. In this blog post, Jan Häglund, President and Chief Executive Officer of Enea, explains which decisions that the company has made to protect the health and safety of all staff, and to maintain business continuity.

インバンド・マネージメントで uCPE のデプロイメントを簡単に(しかも安く)行う方法

ユニファイド・インバンド・マネージメントにより、同一物理インターフェースを経由するすべてのマネージメントおよびデータトラフィックが一元化されます。共有インターフェースを適切に実装すれば、システム・コストを最小限に抑え、エンド・ユーザーの管理を容易にすることができます。

マネージド SD-WAN デプロイのカスタマイズを低コストで実現した TForce

Enea NFV Access を採用することで、効率的にマネージド SD-WAN サービスを顧客に提供

マネージド SD-WAN サービスをシンプルかつフレキシブルにする uCPE

第 2 世代の SD-WAN の特長は、サービス・プロバイダが業界分野別にカスタマイズした SD-WAN サービスを提供できる点にあります。このブログ記事では、その仕組みと重要性について説明します。

Enea の uCPE用NFVプラットフォームを活用して SD-WAN 事業の拡大を図る南アフリカの CMC Networks 社

CMC Networks 社は、第 2 世代の SD-WAN 製品の柔軟性と適応性を実現するために、uCPE ベースのプラットフォームを構築しています。

SD-WAN の新しい形はオープンなモジュール型

モジュール型 SD-WAN によって、TCO (総所有コスト) が削減され、サービス・プロバイダは SD-WAN ベンダーの製品を単に再販するのではなく、差別化したサービスを提供できるようになります。

NETCONF と YANG が必要な理由

ネットワーク・デバイスはどのように管理していますか?まだスクリプトや CLI をお使いですか?それなら、NETCONF をはじめとするプログラマブルなマネジメント・インターフェースの検討をお勧めします。このブログ記事では、NETCONF と YANG が必要かどうかを判断できるように、いくつかの質問を行っていきます。

第 2 世代の SD-WAN:第 1 世代からの移行

現在、ネットワークにデプロイされている SD-WAN ソリューションの大半は、ブラックボックス・ソリューションまたはグレーボックス・ソリューションとして構築されている第 1 世代 SD-WAN です。

10 社中 7 社が SD-WAN を uCPE 上に デプロイすることを計画中!

その結果、このウェビナーに参加していた一般企業、システム・インテグレータ、サービス・プロバイダは、uCPE をベースとする第 2 世代の SD-WAN への移行に向けて準備を進めていることが明らかになりました。

SD-WAN - 企業の新たなバックボーン

SD-WAN の目的は、従来型の WAN に比べて低いコストで、商用インターネット・アクセスを使って企業の様々なサイトをつなぐだけではなく、クラウドによる運用が可能で、ビジネス用途に対応でき、セキュアかつシンプルな接続を実現することにあります。

Meeting Jan Häglund – the new Chief Executive Officer of Enea

Tomas Hasselrot meets Jan Häglund and asks him about his view on Enea and the strategy looking forward.

フレキシブルでコスト効率に優れた uCPE プラットフォームを構築する 3 つのステップ

SD-WAN のソリューション合戦が白熱する中で、サービス・プロバイダは、uCPE ソリューションをベースとする SD-WAN ソリューションに注目しています。これはなぜでしょうか?サービス・プロバイダが uCPE に注目している理由は何でしょうか?

Top 5 Predictions for 2019 - The Connected Society Coming of Age

As we move into 2019, many of the technologies and paradigm shifts that have been in discussion for several years - ranging from NFV to 5G - are moving from discussion and development into real deployments. The ever-connected society is coming of age, but with that also comes increased expectations regarding functionality, quality, and user experience.

5Gに柔軟性のあるランタイムが必要な5つの理由

5Gオペレータが5Gネットワークを展開する際にCAPEX(設備投資)を低く抑え、導入時間を短縮するには、柔軟性がキーポイントとなります。システムの柔軟性は、フレキシブルなランタイムによって実現されます。このブログ記事では、5G RANアプリケーションにおいてフレキシブルなランタイム・プラットフォームが必要になる5つの理由について解説します。

Enea Strengthens Partnership with Intel

Enea has been awarded Solution Plus Partner in the Intel Network Builders Winners’ Circle, recognized for industry leadership in technical innovation, meeting the industry’s transformational needs, and delivering open and flexible solutions optimized for Intel.

Network Transformation Award Winner

The virtualization software platform Enea NFV Access redefines the economics of uCPE and SD-WAN deployments. It is purpose-built for best-in-class networking characteristics and footprint – ideal for retail and point of sales scenarios.

Where is uCPE Heading?

You don’t have to pick greyboxes for uCPE anymore, since whiteboxes with independent NFVi are now available. This enables new uCPE solutions with great technical capabilities and tremendously attractive economical conditions.

SD-WAN and uCPE: Solving the Economic Equation

Carriers, service providers and enterprises are desperately looking for affordable and manageable SD WAN and uCPE solutions in order to deliver the right function or service at the right performance. But how do they solve the economic equation?

Survey Result: The Most Important uCPE Requirements

In the cost sensitive vCPE/SD-WAN use cases, CSPs and enterprises rank open source based software and APIs, optimized for low-end whiteboxes, as their top two requirements.

IPファスト・パスはなぜ必要か? - 3つの (技術的な) 理由

Why have Nokia, ARM, Cavium, Marvell and others invested in Open Fast Path (OFP), an open source project aiming to provide an accelerated IP stack implemented in Linux user space?

Enea Leading Lights 2018 Finalist: Most Innovative NFV Product Strategy

Light Reading just announced the 2018 shortlist for the Leading Lights Awards: Enea is a finalist in the Most Innovative NFV Product Strategy category. 

新たな課題:産業用IoT向けのマルチコアOSの拡張

産業用のIoT(モノのインターネット)により、効率性と生産性の大幅な向上が低コストで実現する時代をむかえようとしています。しかし同時に、接続デバイスが急増したため、ネットワークを介して膨大なデータをリアルタイムで処理・転送することが必要になりました。このようなデータに対応できる十分な処理能力をいかにして提供するかが大きな課題となっています。

Linuxから良好なリアルタイム性を引き出す方法

Linux環境で真のリアルタイム特性を実現するにはどのようにすればよいでしょうか?本来リアルタイムシステム向けに設計されていないLinuxでこれを実現する魔法のような方法はないため、現実的な手法をみていくことになります。

お客様の声:Eneaの技術により、LTE端末デバイスでリアルタイム特性を確保

このインタビューでは、LTE端末デバイス開発企業で研究開発担当バイスプレジデントを務めるZhang様にお話を伺います。同社の設計では、ARMクラスタ上でEnea OSEを、DSP上でEnea OSEを使用しています。(文中敬称略)

The Rise of Open Service Delivery Platforms at the Network Edge

We talked to Paul Parker-Johnson, Principal Analyst for Cloud & Virtual System Infrastructure at ACG Research about what is going on at the network edge and what it takes to succeed as a solutions provider.

Survey results: 3 questions about virtualizing the network edge

SDxCentral recently hosted a webinar with speakers from ACG Research, Intel and Enea. During the webinar, three questions were answered by a highly qualified audience of solution vendors, Systems Integrators and service providers.

Goodbye vertical silos, hello components!

Vendors would, in the past, package hardware and software together. In this horizontal world, we’re splitting that. The bundling and selling of vertical silos won’t work anymore.

4 Steps to Shorter Time-to-Revenue

4 steps how to shorten time-to-revenue in NFV/SDN systems at the network edge, ensuring flexible service deployment through open and standard APIs.

GET THE EDGE - ARMベースのNFVインフラストラクチャによる効率化

ARMのBob Monkman氏に、NFVプラットフォーム時代におけるARMの役割、そしてEneaをはじめとするエコシステムパートナーがフットプリント、パフォーマンス、消費電力、イノベーションといったメリットをどのように実現し拡大できるかについてお話を伺いしました。

NFVがテレコム・オペレータにもたらすメリット

Eneaの製品管理部門ディレクタであるUlf Bragnellに、NFVのトレンド、特にテレコム・オペレータにとってのvCPEのメリットについてインタビューしました。また、商用ソフトウェア・ソリューションの内状についても話を聞きました。

ARMが優勢となるvCPEソリューション、その理由とは?

In a recent webinar with Light Reading, the audience was asked the question “Are you deploying ARM-based vCPE solutions in the near future”? Let’s take a look at the results.